更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 081234567891011121314151617181920212223242526272829302011 10

【  2011年09月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

たったの28度。

Essay

2011.09.30 (Fri)

 母が私を産んでくださった位置に地球がまた帰ってきました。太陽のまわりをたった28度しか廻っていないのにこんなに時間を要するものなのだなぁと感慨深くなってしまいます。写真は同僚の方がつくってくださったかぼちゃケーキ。しっとりとほろ苦く、とっても美味しいケーキでした。職場の方々に、誕生日を祝って頂きました。鶴岡に来て9ヶ月、信じられないくらい人に恵まれて、困ったことがあったらすぐに手を差し伸べてくださる...全文を読む

小作人日記16/さつまいもの収穫と冬の気配

2011/1年目の 小作人日記

2011.09.28 (Wed)

 突然に秋めいて、朝晩は20度を大きく下回る日々が当たり前となりました。夏を惜しむ間もなく、忍び寄る冬の気配すら、感じています。写真は26日の月曜に収穫したさつまいも。わさわさと茂った葉っぱのしたから、たくさんの紅色のおいもたちが。ひょろっとした苗から立派なさつまいもがたくさん成るものだと毎度のことながら感激します。おっきくなったの~と収穫している間は楽しく過ごしますが作業後の、何もなくなってしまった畝...全文を読む

生きることは食べること。

鶴岡食文化女性リポーター

2011.09.23 (Fri)

 以前、山形大学農学部の在来作物実践講座「おしゃべりの畑」にて農家民宿「知憩軒」の長南光さんのお話をお聞きしました。生きることは食べること。この世に生を受けてから、私たちは食べることをせずに生きることができません。郷土の味を体で覚えて季節や生活とともに伝えていくということの重要さを教えてくださりました。ゆっくりと、優しい声でお話をされる長南さん。庄内に来て、都会では見えなくなっていたことに気付かせら...全文を読む

夏と夏野菜の終わり

鶴岡食文化女性リポーター

2011.09.22 (Thu)

 まだ9月も半ばを過ぎた時節。気温が20度を下回り、最低気温は15度を記録してこの時期に長袖、それも毛糸のものを引っ張り出したことはございませんでした。先日の最高気温は33度、一気に20度近くも変化する庄内という土地。同じ日本なのに、こうも違うものかと改めて環境ショックを受けています。鶴岡では台風の影響による雨が降りやみません。畑のみなさまも一気に生気を失っていました。夏野菜もそろそろ終わりです。甘鯛とほた...全文を読む

鶴岡と私とデジタルカメラの相性について

2011/1年目の 小作人日記

2011.09.13 (Tue)

 8月末、東京に4日間帰省して帰って来たその日に畑でデジタルカメラを喪失しました。畑で写真を撮り、車で帰ろうとしたときに気がついたので畑でなくしたことは確実です。500平米程度の畑。どこかにあるはずなのに、見つかりません。その後1週間かけて毎日捜索しましたが、雨に降られ、同僚まで一緒になって草を刈ったり土をおこしたりまでして探して下さったのですがとうとう出てきませんでした。なくしたことを早く忘れたくて...全文を読む

8月の総括、友人が遊びに来てくれたり、福島に帰ったり、豪雨に見舞われたり。

2011/1年目の 小作人日記

2011.09.07 (Wed)

 8月が、あっという間に過ぎていってしまいました。タイトルのままですが、高校時代の友人じゅんちゃんとたどが遊びにきてくれましたがそんな特別な日に限って鶴岡は観測史上最大の降雨量を記録する大雨で、土砂崩れで通行止めになり帰ってこられなくなった二人を今にも土砂崩れを起こしそうな山道を抜けて温海まで迎えに行ったり、その後訪ねた酒田港の海鮮丼のお店が本日貸切だったり、帰りのバスを目の前で乗り過ごし、延々とカ...全文を読む

前月     2011年09月       翌月

Menu

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

今野 楊子

Author:今野 楊子
1983年9月。福島県は会津地方・喜多方市にてこの世に生を受け、その凡庸な人生の多くを神奈川県平塚市にて過ごしました。

大学を卒業後、東京都杉並区で暮らしながら丸の内の企業に勤務。2010年フランスのボーヌもしくはカナダのトロントに飛ぶ筈が、『庄内パラディーゾ』という書籍に出逢い、山形県の庄内地方は鶴岡市に来てしまいました。

 庄内では、羽黒地区にて畑しごと(たった500平米ですが)をしながら鶴岡市山王町で商店街活性化事業に1年間従事。
その後2012年4月から約1年、羽黒の日本酒蔵・竹の露酒造にお世話になり、主に貿易等の海外とのやりとりを担当。2012年10月にはニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスで行われた展示会へも参加し日本酒をPRして参りました。

現在は庄内の人や食に関する取材活動を続けています。

都会では感じ得なかった穏やかな毎日を過ごす日々、たくさんの出逢いを大事に1日1日を過ごしていきたいと思っています。

*****その他の活動*****
山形大学農学部認定
  やまがた在来作物案内人(2011年度認定)
鶴岡食文化女性リポーター(2011年度公認)

****主な執筆活動*****
・ヤマガタ未来ラボ 取材&執筆
記事一覧→https://mirailab.info/archives/author/sano/
・ふるさとの心を伝える「朝日人」編集&取材&執筆
info→http://kiraku-kai.com/asahijin/index.html
・TSUCUL(つくる)Editor
info→http://www.facebook.com/tsucul

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。