更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 0112345678910111213141516171819202122232425262728292012 03

【  2012年02月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

2.18エネシフヤマガタ作戦会議@ウィンドーム立川/エネシフヤマガタ勉強会

エネシフヤマガタ

2012.02.20 (Mon)

 2月18日にウインドーム立川で行われましたエネシフヤマガタ作戦会議の議事録になります。▼議題1:3.10 エネシフヤマガタ勉強会#6「市民風車の可能性~北海道に学ぶ~」の講和内容 ※そもそもなぜ風車なのか、市民なのか、につきましては 下記リンク先のイベント内の「趣旨」をご一読いただけますと腑に落ちるかなと思います。http://www.facebook.com/events/#!/events/317053965013977/▼議題2:2.26~ オーストリア木質...全文を読む

鶴岡市羽黒・竹の露の酒蔵見学と白露垂珠を楽しむもうというオフ会/鶴岡食文化女性リポーターオフ会

鶴岡食文化女性リポーター

2012.02.16 (Thu)

 ほどよく色茶けた杉玉に迎えられ、扉を開ければお酒のかおりが、ふうわり。目の前には恋してやまない白露垂珠が、ずらり。私たち鶴岡食文化女性リポーター有志は、くらり。見惚れます。鶴岡食文化女性リポーター第二弾・岩ノリ物語に参加された竹の露の女将・相沢こづえさんのご提案で「竹の露の酒蔵見学と白露垂珠を楽しむオフ会」が開催され、参加をさせて頂きました。お酒を愛してやまない私にとってはまさに夢のような企画。酒...全文を読む

岩ノリ物語@鼠ヶ関港~鮨処朝日屋編~/鶴岡食文化女性リポーター

鶴岡食文化女性リポーター

2012.02.09 (Thu)

 岩ノリレポート最終章、鮨処朝日屋さんでの食味体験をお話しする前にレポートを通して感じたことを先に述べます。流通が発達して、都会は豊かになりました。全国各地から、美味しいものが届くようになりました。でも地方はどうでしょう、もともと豊かであった庄内は、逆にその一部を失ったのかもしれません。多くの方がスーパーに並ぶパッケージングされた食材を安さで選び、レジで金銭と引き換えにそれを手に入れるようになりまし...全文を読む

前月     2012年02月       翌月

Menu

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最新記事

プロフィール

今野 楊子

Author:今野 楊子
1983年9月。福島県は会津地方・喜多方市にてこの世に生を受け、その凡庸な人生の多くを神奈川県平塚市にて過ごしました。

大学を卒業後、東京都杉並区で暮らしながら丸の内の企業に勤務。2010年フランスのボーヌもしくはカナダのトロントに飛ぶ筈が、『庄内パラディーゾ』という書籍に出逢い、山形県の庄内地方は鶴岡市に来てしまいました。

 庄内では、羽黒地区にて畑しごと(たった500平米ですが)をしながら鶴岡市山王町で商店街活性化事業に1年間従事。
その後2012年4月から約1年、羽黒の日本酒蔵・竹の露酒造にお世話になり、主に貿易等の海外とのやりとりを担当。2012年10月にはニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスで行われた展示会へも参加し日本酒をPRして参りました。

現在は庄内の人や食に関する取材活動を続けています。

都会では感じ得なかった穏やかな毎日を過ごす日々、たくさんの出逢いを大事に1日1日を過ごしていきたいと思っています。

*****その他の活動*****
山形大学農学部認定
  やまがた在来作物案内人(2011年度認定)
鶴岡食文化女性リポーター(2011年度公認)

****主な執筆活動*****
・ヤマガタ未来ラボ 取材&執筆
記事一覧→https://mirailab.info/archives/author/sano/
・ふるさとの心を伝える「朝日人」編集&取材&執筆
info→http://kiraku-kai.com/asahijin/index.html
・TSUCUL(つくる)Editor
info→http://www.facebook.com/tsucul

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。