スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←鶴岡食文化女性リポーター ~かぶ漬と、8人のおかあさんたち編~ →小作人日記18/秋にはゆっくりと、燃えている命たち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png Essay
もくじ  3kaku_s_L.png Interviews
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png Column
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

鶴岡食文化女性リポーター

鶴岡食文化女性リポーター ~「日本料理 椿」さんでの豪華食味会編~

 ←鶴岡食文化女性リポーター ~かぶ漬と、8人のおかあさんたち編~ →小作人日記18/秋にはゆっくりと、燃えている命たち。
うつわにそっと、寄り添う可憐な花。



とっても洒落た、まるで詩のようなお料理をお出しになられる、

「日本料理 椿」さん。

特別な日に訪れたい、鶴岡でも有数の名店です。



DSCN0309_convert_20111024230757.jpg



鶴岡食文化女性リポーター最終章。

ひこえおばあちゃんの田川の焼畑赤かぶと、

同じく湯田川で伝承されてきた在来作物「萬吉なす」の食味会が

場所を移し、装いを改め、「日本料理 椿」さんにて行われました。



DSCN0306.jpg



写真は市役所の明石さんがおつくりになった素敵な次第。

パーティのような雰囲気を高め、気分は高揚。



テーブルを見渡すと、美しい女性ばかり。

田川かぶ生産者の武田ひこえおばあちゃんと

萬吉ナスの生産者の小田さんもお越しになられ

和装の方もいらっしゃり、

たった今、鶴岡で一番華やかな場ではと感ずる程。



そのような時の中、待ちに待ったお料理がスタート。



DSCN0307.jpg



左上から時計まわりに、

ほうづき豆腐、赤ネギと田川かぶと里芋の鯛ジュレ、

田川かぶとミモレットチーズ、田川かぶと鱸のお刺身、

萬吉ナスのムース、田川かぶのブルスケッタの6種。



スライスしただけの萬吉ナスをひとくち口にして驚きました、

甘くて、りんごのような風味。

なすの定義を覆すような、飛び抜けたお味。



時間をかけて前菜を楽しみ、次に出て来たのが

田川かぶのポタージュ、萬吉ナスと自家製ベーコンのトリオ。

かぶのポタージュの中に、萬吉なすとベーコンが。



DSCN0320.jpg



続いて干したけのことマコモダケのキッシュと

地野菜のサラダ仕立て添え。



DSCN0321.jpg



メインディッシュとして、庄内豚と田川かぶや平田赤ネギなどの

地根菜のポトフが。



DSCN0328.jpg



締めくくりには、在来野菜の萬吉ナスを使ったアイスクリームの乗った

豪勢なデザートプレート。

ナスのアイスクリームだなんて、信じられますでしょうか。



DSCN0329.jpg



目で、舌で、だけでなく。五感で味わった、鶴岡の味覚。

いえ、のみならず、庄内で古くから食べられて来た野菜たちが

技術とセンスある料理人の方に息を吹き込まれ、

新しい形で人々に提供され、食されるまさにその場所に

居合わせることのできたことに、また感動するのでありました。



昔のままでもいい、漬けただけだとか焼いただけでも、とっても好き。



でも、こうして料理人の手にかかればこうも美しくなってしまうのは

きっと素が、美しいからだと思います。



他のどちらに、このようなお料理を味わえるところがございましょう。

あるかもしれません、でも私は、ここ鶴岡を

食に秀でた特別な場所、そう思うことを止められません。



        ☆



鶴岡食文化女性リポーターとしての、リポート終了。

企画された明石さん、井東さん、リポーターの素敵な11名の女性たち、

皆さまに出逢えたことも、在来野菜に出逢えたことと同じくらい、

鶴岡での幸せな瞬間であります。

皆様のことだけで1ページかけそうな程魅力的な方々がそろっていらっしゃり、

自分としてはもっとお話伺いたくそわそわした次第です。



今後もたくさんの、素敵な野菜と方々に巡り会えますように。

心からの感謝を添えて。


source : http://fallinlovewithshonai.blog87.fc2.com/
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png Essay
もくじ  3kaku_s_L.png Interviews
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png Column

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【鶴岡食文化女性リポーター ~かぶ漬と、8人のおかあさんたち編~】へ
  • 【小作人日記18/秋にはゆっくりと、燃えている命たち。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。