スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←2012.3.18 オーストリア視察報告会@庄内会場/エネシフヤマガタ勉強会 →華やぐ私の畑、笑顔が増えて笑い声溢れる。/2年目の小作人日記2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png Essay
もくじ  3kaku_s_L.png Interviews
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png Column
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

2012/2年目の小作人日記

人も植物も、冬を乗り越えて生まれ変わるよう。/2年目の小作人日記1

 ←2012.3.18 オーストリア視察報告会@庄内会場/エネシフヤマガタ勉強会 →華やぐ私の畑、笑顔が増えて笑い声溢れる。/2年目の小作人日記2
全く人と云う生き物は。

と、一括りにしては多分に失礼に値することと存じますが、喉元過ぎれば熱さ忘るる、雨晴れて笠忘る、などどいった先人の言葉の示すとおり、昨年愉しい愉しいと云いつつも大変な想いもした畑作業を、桃の節句も過ぎた頃から雪が融け土が顔を出すのを大層に待ちわびて、さぁて何を植えよう、今年はあれに挑戦しよう、じゃがいもの種芋が出てるぞ買わなくちゃ、なんてことに日々想いを馳せる私でした。

「農作業は大変でしょう」なんて聞かれても、大変だった気はしても何が大変だったかさっぱり思い出せません、そんな幸せな自分に感心してしまいます。

きっと多くのおばあちゃんもそうだと思うのです、あれだけはたけは大変だーと口にしていたのに春を待たずしてはたけのまわり、種屋をうろうろ。
楽しみで楽しみで仕方がない空気がぷんぷんします。

長く厳しい冬を乗り越えるうちに、記憶や身体が浄化されてまた精力が体から溢れてくるように感じます。
まるで春にいっせいに芽吹く植物と同じように、人もまた生き生きと生まれ変わるよう。

さて生まれ変わった今年の私は、どんな一年を過ごすのでしょうか。
たくさんの実りの喜びを、今年も味わえますように。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png Essay
もくじ  3kaku_s_L.png Interviews
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png Column

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2012.3.18 オーストリア視察報告会@庄内会場/エネシフヤマガタ勉強会】へ
  • 【華やぐ私の畑、笑顔が増えて笑い声溢れる。/2年目の小作人日記2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。